オーダーカーペットのおすすめの選び方

オーダーカーペットは、サイズや素材、毛足から縁取りまで選ぶことが出来ます。しかしどう選ぶのがよいのか迷ってしまいますよね。実は部屋によって選ぶべきものは違うのです。フローリングのリビングの場合、ぴったり隙間なく敷くよりも、少しフローリングの余白を残し、ラグなどのセンター敷きをおすすめします。また家具の下に入れずに、程よいサイズにし、ホットカーペットや床暖房のカバーになるものがよいでしょう。和室の場合は、余白を残さずにぴったりと敷くことをおすすめします。特にリビングが和室の方は尚更です。一番人が足を踏み入れるリビングならば畳が傷むことも防ぎます。子供部屋は食べかす、飲み物、汚れることが多いので掃除しやすいループパイルを使ったものを部屋にぴったりと敷くとよいでしょう。

オーダーカーペットを依頼する時に考えるべきこと

オーダーカーペットを依頼する際は、まず選ぶのは素材です。天然素材と化学素材と大きく二つに分かれますが、天然素材ではウールが人気です。人通りの多いオフィスは頑丈な化学繊維で作られたカーペットを使いますが、家庭のリビングでは天然素材か天然素材に化学繊維を混ぜ込んだものが主流です。次に部屋の形状に合わせるのか、もしくは自分のイメージする形にするのか決めましょう。正方形や長方形などの四角い形は比較的簡単です。他には柱の形状に合わせて、丸形、くり抜きタイプと色々あります。商品を選ぶ際にはしたいカットにきちんと対応できるか確認しましょう。また大体の製品が一辺360センチ前後のロールから切り出す為に、部屋がそれ以上のサイズである場合も注意が必要です。お部屋の計測する時は長方形の場合、縦、横を最低3か所以上は測るようにしましょう。誤差を出来るだけ少なくする為です。

オーダーカーペットを依頼する利点

どのカーペットにも言えることですが、まずカーペットを敷く利点はというと防音効果に絶対的に優れており、小さいお子様の足音や物を落としてしまった場合にマンションの階下へ配慮が必要になります。フローリングの部屋では足への衝撃を和らげ、日光の照り返しを防ぐので目に優しい効果があります。また冬の暖房効果だけでなく、夏の冷房の効率も上がるので、省エ対策にもなります。オーダーカーペットである利点というのは既製品では選ぶことのできないサイズや寸法を指定でき、カットしてもらえることです。それぞれのお部屋は柱や壁の設計により、必ず凹凸があります。また円形や楕円形、五角形であろうが、好きな形でおしゃれにアレンジ可能です。既製品ではできないお部屋とのマッチングが可能になるのです。またオーダー方法も最近ではインターネットで簡単に注文可能で、サンプルを送って貰い検討も出来ます。