オーダーカーペットの費用相場は

オーダーカーペットとは、自分の希望に合わせてサイズは1cm単位から選ぶことができ、色・形などを自由に組み合わせてオリジナルのカーペットを作ることができるシステムです。他にも防音性・抗菌・防臭・防汚加工などを付け加えて、1年中活用できるウール素材や耐久性に優れているナイロンなど素材も自由に選ぶことができます。オーダーカーペットの費用相場は販売店によって違いはありますが、カーペットのサイズが大きいほど、素材が高級になるほど、オプションとして付け加える内容が多いほど金額が高くなると考えましょう。オーダーカーペットを作るメリットは、部屋のサイズにピッタリフィットする物が作れる点だけでなく、既製品では物足りない防音性や抗菌加工、防ダニ対策や洗濯機で洗える素材選びなど、ライフスタイルに合わせて加工することができることだと思います。

オーダーカーペット作りで考える選択肢の内容は

オーダーカーペットを作りたいと考えた時、選べる内容としてどのような物があるのか紹介します。カーペットに使用される素材には大きく分けて、綿・麻・ウール・コットンなどの天然繊維と、ナイロン・ポリエステル・アクリルなど化学的に作られた合成繊維の種類があります。ウール素材には冬は暖かく夏は涼しい機能などがあり、ナイロン素材は耐久性と耐摩擦性に優れていて人の行き来が多い場所に敷くことに向いているなど、それぞれの繊維に特徴があり、合成繊維よりも天然繊維の方が値段は高くなります。小さな子どもがいるご家庭におススメのオプションには、丸洗いできるウォッシャブル機能や裏面に滑り止めを付ける加工、防音や遮音性がある機能などがあります。ペットを飼っているご家庭には、防ダニ加工やペットの毛が絡まりにくい素材の物を選ぶことをおススメします。

オーダーカーペット作りで気を付けることは

自分だけのオリジナルで作れるオーダーカーペットですが、注文する時に気を付けるべき点がいくつかあります。まず、部屋にピッタリフィットするカーペットを作るためには部屋のサイズをきちんと測る必要があるので、部屋の形が変形な場合や家具の配置などによって測り方が難しい場合もきっちりと測るようにしましょう。しかし発送の際に丸めて梱包されることが多いため、繊維に圧力がかかり届いた時のサイズ感に多少の誤差が発生しますが、使用している内に繊維が伸びてくるので大丈夫です。カーペットの毛足部分が長い物を選んだ場合には、ドアの開閉ができるかどうかや、ベッド下の引出しやタンスなどの開閉に影響が無いかどうかも予め確認しておくようにしましょう。販売店によってはオーダーカーペットの注文が完了した後の変更やキャンセル・返品などを受け付けていない所もあるので、間違いのないように気を付けて注文しましょう。